化学メーカーの業績ランキング(2020年)


化学メーカーには素材メーカーから最終製品メーカーまであり、多種多様の会社が存在します。業種や製品の種類が多い化学業界は規模も大きく、収益性も高くなっています。

化学メーカーの売上高・純利益・営業利益率(決算期20/3)ランキング上位20社(売上高は上位40社)をご紹介します。

化学メーカーの業績

化学品製造の売上高ランキング

順位企業名年商(百万円)
1ENEOS8,890,222
2出光興産4,290,578
3コスモ石油2,295,574
4三菱ケミカル1,211,216
5花王935,121
6信越化学工業845,356
7中外製薬678,591
8住友化学678,436
9三井化学672,194
10第一三共664,909
11太陽石油633,415
12武田薬品工業616,288
13アステラス製薬600,626
14旭化成599,972
15東レ573,951
16大塚製薬543,233
17昭和電工530,862
18東ソー526,945
19富士フイルム509,038
20日東電工470,701
21西部石油464,447
22エーザイ459,723
23富士石油454,032
24日亜化学工業395,111
25大阪国際石油精製359,695
26三菱瓦斯化学351,348
27MSD347,487
28日立化成338,375
29田辺三菱製薬332,871
30丸善石油化学325,053
31大日本住友製薬311,994
32資生堂303,663
33塩野義製薬293,865
34カネカ292,084
35小野薬品工業286,235
36宇部興産282,027
37アストラゼネカ279,620
38ライオン269,478
39千葉ケミカル製造有限責任事業組合265,000
40ノバルティスファーマ264,573

化学品製造の純利益ランキング

順位企業名純利益(千円)
1アステラス製薬240,645,000
2中外製薬155,584,000
3信越化学工業131,836,000
4武田薬品工業130,626,000
5三菱ケミカル128,820,000
6エーザイ118,127,000
7花王115,859,000
8第一三共111,374,000
9大塚製薬102,668,000
10大日本住友製薬100,771,000
11資生堂98,506,000
12協和キリン91,473,000
13塩野義製薬88,640,000
14小野薬品工業69,350,000
15富士フイルム58,458,000
16旭化成57,873,000
17昭和電工46,811,000
18日東電工46,093,000
19東ソー45,761,000
20日亜化学工業36,769,000

化学品製造の営業利益率ランキング

順位企業名営業利益率
1大日本住友製薬44.2
2塩野義製薬39.5
3宮内39.2
4宮内製作所39.1
5ノックス36.5
6日プラ35.5
7日栄33.3
8デ・ウエスタン・セラピテクス研究所32.3
9アヅマ31.1
10中外製薬30.1
10科研製薬30.1
12カルナバイオサイエンス29.3
13トリケミカル研究所28.1
14ジュポンインターナショナル26.5
14東京ディップ26.5
16東邦26.0
17中嶋合成25.9
17ジャパンドームハウス25.9
19ビオフェルミン製薬25.7
20大幸薬品25.6

(帝国データバンク『全国企業あれこれランキング2021』)

化学業界の動向

化学業界は、コロナ禍の落ち込みはありますが、さらに悪化することはなく、回復するという見方が多くなっています。

石油化学製品の動向

石油化学製品は、今後の成長が見込める高付加価値の機能素材へシフトを進めています。国際情勢の影響には注意が必要になっています。

化学会社の業界研究
化学製品はほとんどすべての産業で使われる影響力の大きい業界です。化学会社の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

医薬品の動向

医薬品は、後発薬の普及が進むなど、厳しい国内市場となっています。グローバル展開が加速しています。

医薬品・製薬会社の業界研究
医薬品・製薬業界は再編や業務提携などの動きが活発です。医薬品・製薬会社の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

化粧品・トイレタリーの動向

化粧品トイレタリーは、明暗が分かれています。インバウンド需要は激減し、高機能商品の販売強化や販促に力を入れています。

化粧品会社の業界研究
化粧品業界には独特の販売システムがあり、会社組織を中心として動いています。化粧品会社の転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場についてご紹介します。
日用品(トイレタリー)の業界研究
洗剤や歯磨き、芳香消臭剤、紙おむつ、家庭用殺虫剤などの日用品。日用品メーカーの転職・就職で押さえておきたい業界の動向、売上高ランキング、採用市場をご紹介します。

化学業界の転職活動

転職エージェントの転職支援サービスを利用すると、業界や職種に精通したキャリアコンサルタントが転職をサポートしてくれます。

転職支援サービスの例

  • 非公開・好条件の求人紹介
  • 専任のキャリアコンサルタント
  • 企業ごとの書類作成・面接対策など

職種ごとの転職支援サービス

まとめ

幅広く多彩な化学製品は、ほとんどの産業で使われています。化学製品の基礎材料となるエチレンの生産動向は、化学業界の活気をみる指標になっています。

日米貿易摩擦の影響で悪化傾向にあった各社の業績は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により厳しさを増しています。

工場・製造現場で有利なおすすめ資格
工場・製造現場では技術と経験の積み重ねが重視されます。経験の浅い人や未経験者であれば、資格を取得することでキャリアアップや収入アップの可能性が広がります。