同職種の転職面接(よくある質問と答え方)


異業種同職種、同業種同職種は20代でチャレンジの可能性が高い転職です。

それだけに転職面接では、

「なぜこの職種なのか」
「なぜこの業界なのか」
「なぜこの会社なのか」

について、明確な理由が求められます。

同じ職種に応募する転職での面接では、自分の考えやキャリアに合った回答をまとめておくことが大切です。

同職種の転職面接でよくされる質問


同職種の転職でよくされる質問に対して、どのように回答することが望ましいか、具体例とともに解説します。

Q.この職種を選んだ理由を教えてください

職種に対する考えを通じて、業務の理解や入社後のイメージを描けているかが確認されています。

転職理由やキャリアプランなどとの整合性に注意して回答する必要があります。

回答例①
「入社後の研修を経て、営業部に配属となりました。はじめはなかなか成績も上がらず、向いていないと思うこともありましたが、上司や先輩のアドバイスもあって、努力を続けるうちに成績も上げられるようになり、仕事を楽しめるようになりました。今後もさらに営業職でキャリアを積んでいきたいと考えています。」

回答例②
「コンピューターが好きだったこと、専門的な分野でスキルを磨きたかったことから、システムエンジニアの仕事を選びました。厳しいことも多いですが、責任のある仕事を任され、自分でも適性があると理解しています。情報処理技術者試験の取得を進めており、さらに専門性を高めていきたいと考えています。」

解説

職種の適性を聞かれています。

その職種を選んだ理由から、意欲的に取り組んでいるかを確認する質問です。

自分の意思とは関係なくその仕事に就き、あとから適性に気づいたケース、強みや興味などの適性から、自分の意思で選んだケースがあります。

いずれのケースもその仕事に就いた理由だけでなく、実例や成果を用いて適性があることをアピールします。

資格取得やスキルアップなど積極的な取り組みも効果的です。

Q.今後のキャリアプランを聞かせてください

具体的に多いのは「5年後、10年後」など特定の期間後にどうなっているかを問う形式です。

転職することで何を実現したいのか、なりたい自分像を伝えます。

回答例①
「現在は国内営業として働いていますが、学生時代の専攻でもあるマーケティングに関わる仕事をしたいと考えております。また将来的には海外赴任を希望していますので、英語だけでなく、中国語など語学力アップに努めています。」

回答例②
「オンライン取引やマイナンバーなどの運用が盛んになるなか、ネット犯罪の巧妙化が進み、セキュリティの重要性が非常に高まっています。これまでの経験を活かして、今後はセキュリティ分野に力を入れていきたいと考えています。」

解説

キャリアプランから仕事に対する姿勢と会社への適応度が確認されます。

目標をもって自立して仕事をしているか、本人が希望するキャリアパスを応募企業で実現できるかを問う質問です。

転職面接では、事前に情報を収集して、自分のキャリアプランを応募企業に合わせて回答するのが最善のアピールです。

Q.この業界を選ぶ理由を教えてください

異業種、未経験の業界であっても、応募する業界の動向について積極的に情報収集しておくことが必要です。

単なるイメージやあこがれではなく、自分なりの考え方を準備しておきます。

NG回答
「業界の経験はありませんが、学生の就職活動のときから強い関心があり、業界研究をしておりました。今の仕事でも取引先がこちらの業界ですので、適応できると考えています。わからないことは、勉強していきたいと思います。」

回答例
「これまでは販売店として商品の営業に携わってきましたが、完成品だけでなく、企画段階から関わっていきたいという思いが強くなり、応募いたしました。業界は未経験ですが、扱う商品、営業という職種は経験がありますので、貢献できると考えています。」

解説

志望動機を聞かれています。

異業種同職種の転職はチャンスが多くありますが、職種によってはリスクを伴いますので、説得力のある動機の説明が求められます。

NG回答では、以前から興味があったこと、一緒に仕事をしたことが業界を変える理由になっていますが、抽象的で説得力に欠ける内容です。

回答例では、業界を変えなければ実現できない理由がわかります。

Q.この業界のなかから当社を選ぶ理由を教えてください

希望する業界・業種には多数の同業他社が存在しています。

応募企業が業界内でどういったポジションにあるか、強みは何かといった客観的要素を踏まえ、応募企業でしかできないことをまとめます。

NG回答
「子どもの頃から、御社の商品に親しみをもっていて、ブランドは常に意識してきました。この業界であれば、ぜひ御社で働きたいと思っていましたので、求人を知ってすぐに応募いたしました。」

回答例
「国内市場でのブランド力、商品構成、価格帯から考えると、世界市場を拡大するチャンスが十分にあると考えています。ご縁があって採用されるとしたら、グローバルでのマーケティング業務に力を発揮し、貢献したいと考えて、応募いたしました。」

解説

志望動機を聞かれています。

異業種を選んだなかで、特にこの企業を選ぶ明確な理由が求められます。

NG回答では、あいまいな表現で、単なるあこがれによる応募と判断されてしまいます。

回答例では、業界の調査を事前に行い、自分のキャリアプランと合っていることが応募した理由だとわかります。

第二新卒・20代の志望動機(作り方と例文)
職歴や実績が少ない第二新卒・20代の志望動機は、重要なチェック項目のひとつになります。第二新卒・20代の志望動機について作り方と例文をご紹介します。

同職種転職の模擬面接・面接対策


実際の面接では思い通りにいかないことも多いものです。

想定される質問に対して、声に出して回答する練習をしておきましょう。

模擬面接

模擬面接とは、入室から質疑応答、退室まで面接の一連の流れを、実際と同じように練習してみることです。

チェックポイント

  • 姿勢
  • 表情
  • 声の大きさ
  • 話すスピード(早口になっていないか)
  • 回答のわかりやすさ
  • 回答時間(1つの質問に1分が目安)

面接対策

転職エージェントの転職支援サービスを利用すると、応募企業に合わせた面接対策などの転職サポートを受けることができます。

好条件・非公開の求人紹介だけでなく、業界・職種に精通したキャリアコンサルタントによる書類作成や面接対策などのサポートで、選考通過率アップの可能性た高まります。

同職種の転職支援サービス

まとめ

応募職種のニーズと自分の経験、強み、キャリアプランを合致させて説明することで、信憑性、説得力が高まります。

新卒ではないので、抽象的な表現ややる気系の答え方は評価されません。

異業種への応募では、業界の研究をしっかり行い、面接官に入社を希望する強い意思を伝えることが大切です。

転職面接の流れと必ずされる質問
転職の面接試験には基本的な流れと定番の質問があります。「前職の職務内容」「転職理由」「志望動機」「自己PR」、逆質問について、具体例を用いて解説します。
はじめての転職面接でしてはいけない10のNG
中途採用の面接で採用される人と不採用になる人には理由があります。選ばれるためには自分では気づいていないかもしれない採用面接のタブーを理解しておくことが大切です。
面接の前に調べておきたい企業情報
転職活動では応募する企業ごとに志望動機や自己PRをしっかり伝えることが大切です。アピール材料を見つけるために面接前の企業研究・業界研究をしっかり行いましょう。