20代後半のキャリアアップにおすすめの転職エージェント


20代後半で転職をするときには、

「年収アップしたい」
「好条件で働きたい」
「もっと成長したい」

など、希望があるはずです。

転職市場には自分だけでは見つけられない非公開求人が多数あります。20代後半のキャリアアップを実現するためには自分のキャリアに合った転職エージェントの利用がポイントになります。

20代後半のキャリアアップ転職


20代後半のキャリアアップにおすすめの転職エージェントをランキングでご紹介します。

20代後半の転職エージェントおすすめランキング

リクルートエージェント
リクルートエージェント

◎業界最大手の総合型転職エージェント
◎国内最大級の非公開求人
◎各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザー
◎面接対策など充実したサポート体制
◎企業への交渉力が高く、内定率が高い
◎大手・人気企業の求人を多数保有
◎年収アップが期待できる
◎幅広い業種・職種から探せる
○積極的に進めてほしい人向き

dodaエージェントサービス

◎業界大手の総合型転職エージェント
◎業界最大級の求人数
◎80%以上が非公開求人
◎全国の幅広い業種・職種に対応
◎職種別の個別相談会
◎業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザー
◎同業種同職種のキャリアアップが期待できる
○担当者によるサポートの差が少ない
△求人の質には幅がある

パソナキャリア

◎業界大手総合型転職エージェント
◎専任のキャリアアドバイザー
◎親身で丁寧なサポートに定評
◎女性の転職支援実績多数
◎年収アップ率67%
◎高い顧客満足度
◎はじめての転職でも利用しやすい
○求人は量よりマッチング重視
△技術系などの専門性はあまり高くない

ロバート・ウォルターズ
ロバート・ウォルターズ

◎外資系・グローバル企業の人材紹介
◎バイリンガル・スペシャリストの転職
◎正社員・契約社員・派遣社員のキャリアアップサポート
◎幅広い業界・職種の外資系求人
◎高収入の非公開求人
◎各分野に精通したスペシャリストチーム
○英語転職のコンテンツが充実
○関東・関西の求人を多数保有
×英語力が低いと案件紹介は難しい

転職エージェントを利用する流れ(例)

転職エージェントの人材紹介サービスを利用するには、Webサイトからの登録が必要になります。

①Web登録

Webサイトから登録をします。登録すると、無料で人材紹介サービスを利用できるようになります。

②面談・ヒアリング

登録後、キャリアアドバイザーと面談を行います。これまでの経験や希望を踏まえて、よりよいキャリアデザインや転職プラン、具体的求人情報を提供してくれます。業種・職種に精通したアドバイザーが在籍するエージェントの利用をおすすめします。

③求人紹介

ヒアリングの内容を踏まえて、希望に合った求人を紹介してもらえます。求人内容に関しては、キャリアアドバイザーからより詳しい説明を聞くことができます。求人情報サイトからだけでは得ることが出来ない企業風土や部署の人員構成等を知ることができます。

希望やキャリア、タイミングが合わない場合には、希望する求人情報の紹介が少ない可能性もあります。複数登録して、求人情報を収集することをおすすめします。

④選考・面接

応募したい求人にはエージェントから推薦されます。書類選考を通過すると、面接に進みます。面接前には改めて求人内容の詳細説明や、面接に臨むためのアドバイスなどのサポートがあります。

⑤内定・入社フォロー

入社にあたり必要な準備をサポートしてくれます。自分からは聞きにくい給与や待遇などの内容、条件はエージェントが代行して交渉してくれます。

転職エージェントの選び方

転職エージェントにはそれぞれ特徴があります。自分のキャリアに合ったサービスを利用することで、自分だけでは見つけることができない求人に出会う可能性が高まります。

在職中の転職活動

中途採用で求人企業が求めているのは、即戦力としての経験とスキルです。即戦力になることを示すには応募企業に合致する職務経験、具体的な実績や評価だけでなく、問題解決や改善提案など仕事への積極的な取り組み姿勢や高い意識が大切です。

欠員募集による急募も多いので、在職中の転職活動には転職エージェントの転職支援サービスが欠かせません。

キャリアアップ転職の留意点


20代後半の同業種や同職種への転職では、キャリアアップを目指す人が多いでしょう。転職が成功する可能性も高いのですが、注意しておきたいことがあります。

同業他社への転職

就業規則などに競業禁止の規定があることもあります。ライバル企業への転職では気をつけたいポイントがあります。

競業避止義務

社員が競業する企業に就職したり、自らそのような事業を運営するなどの競業行為をしてはならない義務のことを「競業避止義務」といいます。就業規則に同業他社への勤務の禁止を定めたり、競業しないことを誓約書に含んでいる企業は少なくありません。

退職後においては、職業選択の自由の観点から競業禁止義務は生じないとされますが、就業規則などで、必要かつ合理的な範囲で法的根拠を明示していれば、競業避止義務を認めるのが一般的になっています。

職務経験を活かして、在職中に身につけた知識やスキルを活用できなければ、転職でキャリアアップすることができません。企業は転職の自由を不当に制限しない範囲で、競業禁止の期間や場所、職種等を明示する必要があるとされています。

競業避止義務の要件

  • 在職中に企業の秘密情報を知り得る立場にあったこと
  • 競業を禁止するに値する企業の正当な利益があること
  • 競業禁止の期間・地域・対象について合理的制約であること
  • 転職先を制限することに対する代替措置があること

退職後の競業義務違反

退職するときに「守秘義務の誓約書」を提出するよう求められることがあります。在職中に得た企業秘密や顧客情報を漏洩したり、他社で使用しないことを誓約するものです。違反すると退職金の減額・不支給、損害賠償請求、競業行為の差し止めなどが可能とされています。

職業選択の自由がありますので、会社が転職先を制限することはできないというのが原則です。会社独自のノウハウや技術が競合他社で使用されることは利益を損なうことになりますが、転職先では、そのノウハウや技術に期待して採用することがほとんどでしょう。

どれだけ企業秘密に関わっていたか、職務や役割の違いで秘密情報に接する機会には個人差があり、ケースごとに判断されるのが実情です。

転職で後悔しないの5つ確認

同じ職種であっても、業種や企業の規模、文化の違いで仕事の進め方は大きく異なります。適応できなければ、転職しても自分の力を発揮できないということになりかねません。自分が活躍できる転職先を選びましょう。

✔企業カルチャー

同業種同規模の企業であっても、企業文化が全く違うということはよくあります。20代ではじめての転職であれば、戸惑いがあって当然といえます。入社前にできるだけ職場の雰囲気を理解するようにしたり、前の会社のカルチャーを引きずらず、自分から溶け込むように心掛けたいところです。

✔仕事のやり方・進め方

同じ職種の転職だから、転職後も「スムーズに仕事を進められるはず」と思っていたのに、仕事のやり方が全く違うということはよくあります。「自分のやり方の方が効率がいい」とストレスに感じてしまうことがあるかもしれません。

まずは新しいやり方を受け入れなければ、その会社に馴染むことはできません。受け入れることで、その会社なりのルールを理解できる場合もあります。改善などは1年後くらいから徐々に提案していくとよいでしょう。

✔大企業から中小・ベンチャー企業

大企業では当たり前だと思っていたことが整備されていないことで、想像以上のカルチャーショックを受けるかもしれません。中小企業・ベンチャー企業では受け身の姿勢ではなく、主体的に自分で動くことが前提となります。慣れれば任されることが増え、それがやりがいになっていくでしょう。

✔中小・ベンチャー企業から大企業

大企業では調整や連携などチームプレイが必要となり、意思決定スピードが遅いと感じることがあるでしょう。大きな組織で動くルール、進め方を理解することが早く慣れるポイントになります。慣れることで、仕事もスムーズに進み、評価されるようになるでしょう。

✔日本企業と外資系企業

日本の企業では、職務をそこまで限定せず、「何でもやってくれる」ことが評価されたり、上司との関係や根回しで仕事を進めるスタイルが多いですが、外資系企業では職務上求められるものが、はっきりしています。その分、責任もはっきりしているといえます。まずは自分が任された範囲の仕事で成果を出すことが要求されます。

どちらかの文化に慣れていた人にとっては、大きな発想の転換が必要となります。文化、価値観の違いを体感して慣れていくことが大切です。

まとめ

転職エージェントには得意不得意分野があり、ターゲットも違います。キャリアアップを目指すには自分の経験やスキル、希望が転職支援サービスと合っていることが大切です。

キャリアアップ転職では、複数のエージェントサービスを利用して、自分と相性のよいエージェントやコンサルタントと出会うことが転職活動の満足度を上げるコツといえるでしょう。

 

□求人の対象は自分のキャリアと合っていますか?
□希望する業界や職種の情報に精通していますか?
□希望するサービスを受けられますか?
□エージェントとは相性が合いますか?

メーカー技術職の転職エージェントおすすめランキング
メーカー技術職は非公開求人が多く転職エージェントの利用が欠かせません。機械系・電気系・制御組込系・化学系エンジニアにおすすめの転職エージェントをランキングでご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました