IT業界で有利なおすすめ資格


IT業界では、基本的に資格より経験やスキルが重視されます。それでも20代の就職やキャリアチェンジ、同業他社への転職には実務経験とセットで資格も力を発揮します。他の応募者をリードして、転職・就職を有利に進めるIT系資格を知っておきましょう。

IT・コンピュータ系の資格

情報処理技術者試験

情報処理技術者試験は、情報処理に関する代表的な資格です。情報処理技術者としての知識・技能が一定の水準以上であることを認定するIT業界では数少ない国家資格です。

ITパスポート

社会人に求められるIT技術に関して、共通的な基礎知識を証明できる資格です。情報技術に携わる業務に就くか、担当業務に対して情報技術を活用していこうとする人が最低限身につけておきたいレベルです。

基本情報技術者

高度なIT人材となるために求められる基本的な知識・技能レベルです。ITエンジニアとしての登竜門で、プログラミングに関する基本的な開発能力を証明できる資格です。キャリアチェンジでIT業界への転職を目指すような場合にアピールできます。

応用情報技術者

高度なIT人材となるために求められる応用的な知識・技能レベルです。ITエンジニアとして開発するプロジェクトの中心メンバーになるような人材が想定されています。入社5年目くらいまでの人が取得すると転職でスキルアップをアピールできます。

ITストラテジスト

高度IT人材として専門分野をもち、企業の経営戦略に基づいてITを高度に活用した事業革新、業務改革、最適化の戦略策定・提案・推進ができる知識を証明できます。コンサルティング会社やシンクタンクへの転職で活用できます。

システムアーキテクト

システム開発の上流工程を主導する立場で、豊富な業務知識に基づいて的確な分析を行い、業務ニーズに適した情報システムのグランドデザインを設計し完成に導く、上級エンジニアを目指す人に最適です。IT企業でSEや上流設計者として転職したい人に有利な資格です。

プロジェクトマネージャ

プロジェクト全体の意思決定を実行し、品質・コスト・納期に全責任をもち、前提・制約条件の中でプロジェクトを確実に成功に導き、プロジェクトメンバーを成長させるマネージャを目指す人に最適です。

ネットワークスペシャリスト

ネットワークの固有技術からサービス動向まで幅広く精通し、目的に適合した大規模なネットワークシステムを構築し運用できるネットワークエンジニアやインフラ系エンジニアを目指す人に最適です。SI企業だけでなく、ケーブルテレビ会社、インターネット・サービス・プロバイダー、携帯電話会社などでも高く評価されます。

データベーススペシャリスト

企業活動を支える膨大なデータ群を管理し、パフォーマンスの高いデータベースシステムを構築して、顧客のビジネスに活用できるデータ分析基盤を提供するデータベース管理者やインフラ系エンジニアを目指す人に最適です。SI企業だけでなく、一般企業のIT部門などへの転職でもアピールできます。

エンベデッドシステムスペシャリスト

自動車、家電、モバイル機器などに搭載する組込みシステムを、ハードウェアとソフトウェアを適切に組み合わせて構築し、求められる機能・性能・品質・セキュリティなどを実現できる組込みエンジニアを目指す人に最適です。

ITサービスマネージャ

顧客ニーズを踏まえ、日々の継続的改善を通じて高品質なITサービスを最適なコストで安定的に提供し、IT投資効果を最大化できるITサービスマネージャを目指す人に最適です。システム運用企業などへの転職でアピールできます。

システム監査技術者

情報システムを監視し、リスクとコントロールを評価することによって、組織の情報システムの適切な活用を促進し、ITガバナンス向上やコンプライアンス確保に貢献できる情報システム責任者などを目指す人に最適です。ITコンサルティング会社への転職や監査法人のシステム監査部門なども可能性があります。

情報処理安全確保支援士

情報システムや組織に対する脅威や脆弱性を評価し、技術面・管理面での有効な対策を遂行できるセキュリティエンジニアや情報システム管理者を目指す人に最適です。情報セキュリティの重要性はますます高まっていて、最も旬なエンジニアです。企業のセキュリティ部門などへの転職で活用できます。

基本情報技術者

情報処理技術者試験のなかで、SEを目指すなら基本情報技術者が第一歩となります。プログラミングの問題が含まれていて、コンピューター言語をひとつ選択して解答します。理系の資格ではありますが、文系の受験者も多い試験です。

受験資格

制限なし

試験内容

①午前:四肢択一の多肢選択式(150分)

  • テクノロジ系:基礎理論、コンピュータシステム、技術要素、開発技術
  • マネジメント系:プロジェクトマネジメント、サービスマネジメント
  • ストテラジ系:システム戦略、経営戦略、企業と法務

②午後:多肢選択式(150分

  • コンピューターシステムに関すること
  • 情報セキュリティに関すること
  • データ構造およびアルゴリズムに関すること
  • ソフトウェア設計に関すること
  • ソフトウェア開発に関すること
  • マネジメントに関すること
  • ストラテジに関すること

試験日

年2回(4月と10月)

合格率

25%程度

取得の難易度

コンピューターの基礎知識があるなら、基本情報技術者試験は独学で取得できます。仕事をしながら勉強する場合、参考書や通信講座を利用するなどして、準備期間は3~4ヵ月程度必要でしょう。過去問で試験に慣れることがマストです。

基本情報技術者テキスト&問題集

各種ベンダー資格

開発元企業(ベンダー)が自社製品に関する知識や技術を認定するための民間資格です。コンピューター業界では、国家資格より実用的と評価されています。

ネットワーク系

LANなどを利用したシステム設計、構築、運用、保守のネットワークエンジニアのスキルはコンピューター技術者必須となっています。

【例】シスコ技術者認定:CCNA、CCNP、CCIE

データベース系

情報をコンピューター上でやりとりするためには、インフラとして情報がデーターベース化されていることが前提となります。データベースに関するスキルはコンピューター技術者の基礎です。

【例】オラクルマスター

OS・プラットフォーム系

OSに関する知識はネットワークエンジニアはもちろん、エンドユーザーのサポート担当、システムの保守管理者、セールスエンジニアなど幅広く必要なスキルです。

【例】Linux技術者認定試験(LinuC)、マイクロソフト認定資格

言語・プログラミング系

ソフトの研究開発、Web構築において、もっとも基本的な知識として必要となる言語の知識です。

【例】オラクル認定Java資格

資格の取得方法

基礎知識があれば、独学でも資格試験の合格は可能です。未経験からの挑戦や短期間で効率的に資格を取得するのであれば、資格スクールなども上手に活用することをおすすめします。

ITエンジニア専門スクール


ITエンジニアスクールNo.1 リナックスアカデミー

少人数のクラス制授業なので初心者でも短期間で技術を習得できます。テキストやカリキュラムは、ITの勉強がはじめてでもわかるように制作されています。

サービスの特長

  • 圧倒的な資格合格実績
  • 合格保証制度あり
  • 個別担当制の就職・転職サポート

まとめ

IT業界にはエンジニアだけでなく、営業職やコンサルタントなど幅広い職種の仕事があります。この業界でキャリアを積むのであれば、IT系資格を取得して、一定の知識やスキルをアピールすることが有利になります。また、ミスマッチを防ぐためにもIT系資格を取得することは、適性を示す有効な方法といえます。

IT未経験者におすすめの転職支援付エンジニアスクール
未経験・第二新卒からITエンジニアになるためにはスキル習得と転職支援をセットで行う無料スクールがおすすめです。転職支援付のエンジニアスクールをランキングでご紹介します。
転職・就職のチャンスを広げるおすすめ資格一覧
20代の転職・就職のチャンスを広げるおすすめ資格の種別・難易度(合格率)・受験資格を一覧でご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました