同一労働同一賃金

キーワード解説

黒板と虫眼鏡

同一労働同一賃金とは

同一労働同一賃金とは、量や質が同じ仕事内容の労働に対して、同じ賃金を支払わなければならないという原則のことです。

同一労働同一賃金は、雇用形態、性別、年齢などに関係なく、仕事の内容に基づいて賃金を決定します。欧州では一般的とされています。

日本では正社員と非正規雇用における賃金格差が広がり、同じ仕事をしているといえるようなケースでも賃金に差があるとして、問題視されるようになりました。

正社員が中心のフルタイム労働者に対するパートタイム労働者の日本における賃金水準は6割と欧州の8、9割より低くなっています。

正社員と非正規雇用の賃金格差を欧州並みに縮小することで、非正規雇用で働く人の待遇改善の実現を目指しています。

不合理な待遇の禁止

働き方改革の一環により、パートやアルバイト、契約社員ということだけを理由にして、基本給や賞与その他の待遇について、通常の労働者(正社員)の待遇と不合理と認められる相違を設けてはいけないと規定されました。

相違が不合理かどうかは以下の点を考慮して、判断されます。

  • 職務の内容(労働者の業務の内容と業務に伴う責任の程度)
  • 職務変更、配置転換(職務の内容および配置の変更)の範囲
  • その他の事情

賃金決定の努力義務

非正規雇用の労働者の賃金は、通常の労働者(正社員)との均衡を考慮しつつ、非正規雇用の労働者の職務内容、職務の成果、意欲、能力または経験その他の就業実態を勘案して、決定するように努めるものとすることが定められました。

同一労働同一賃金のメリット

  • 仕事と賃金の関係が一致してわかりやすい
  • 公平な賃金配分ができる
  • 個人の業績や成果が評価される
  • 職務と賃金が直結し、社員の納得が得られやすい
  • 上位の職務に就けば賃金も上がり、社員のやる気を引き出す効果がある

同一労働同一賃金のデメリット

  • 職務が変わるたびに賃金を変更しなくてはならない
  • 配置転換がやりにくく、組織が硬直化する
  • 定義された範囲外の仕事にはチャレンジしなくなる
  • 仕事の変化を嫌う傾向が出てくる
  • 高い能力があっても、職務のレベルが低ければ賃金も低くなる
アルバイト・パートと正社員の格差是正
アルバイトやパートタイマーなどのパートタイム労働者と正社員の待遇格差は長年の問題ですが、正社員と同等の扱いが求められるようになっています。
正社員と多様化する雇用形態
ワークライフバランスの取り組みや柔軟な働き方の実現に向けて、雇用形態にも変化が見られるようになっています。多様化する雇用形態の基礎知識をご紹介します。
給与(基本給・手当・月給・賞与)の仕組み
給与は転職・就職活動で最も注目される条件のひとつです。その企業の給与の仕組み(内訳・支給方法)を知れば、企業方針や方向性が見えてくるといえます。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
  • 正規労働者と非正規労働者の両方に対して、賃金決定のルールや基準を明確にする
  • 職務な能力等と賃金を含めた待遇水準の関係性が明らかになり、待遇改善が可能になるようにする
  • 教育訓練機会を含めた「能力開発機会」の均等・均衡を促進することで一人ひとりの生産性向上を図る