旅行・観光業界で有利なおすすめ資格


訪日外国人客の増加により、旅行・観光業界での語学力は重要度を増しています。転職では英語が話せるだけでなく、業界用語や文化に精通していることがアピールになります。旅行・観光業界で役立つおすすめ資格をご紹介します。

旅行・観光業界で役立つ資格

旅行業務取扱管理者

旅行業務取扱管理者は、旅行会社の営業所には1人以上置くことが法律で定められている国家資格です。旅行に関する実務知識を備えた即戦力であることを証明できるので、旅行業界の転職、キャリアアップに有利です。

国内旅行のみを取り扱う「国内旅行業務取扱管理者」と国内海外両方を取り扱う「総合旅行業務取扱管理者」の2種類があります。

受験資格

制限なし

試験日

  • 国内:9月
  • 総合:10月

試験内容

  • 国内:①旅行業法及びこれに基づく命令②旅行業約款、運送約款及び宿泊約款③国内旅行実務
  • 総合:①②③にプラス海外旅行実務

合格率

  • 国内:30~40%程度
  • 総合:20~30%程度

問い合わせ

  • 国内:一般社団法人 全国旅行業協会
  • 総合:一般社団法人 日本旅行業協会

転職・就職情報

旅行に関する実務的な知識を備えている即戦力であることをアピールできます。旅行業界、旅行に関連するホテル、レジャー産業などの転職・就職だけでなく、待遇アップにも有利です。

旅行業務取扱管理者試験のテキスト

旅程管理主任者(添乗員)

添乗員は旅行会社が企画や手配したツアーに同行して、ツアーを安全でスムーズに進めることが役割です。主催旅行に加え、新企画旅行(募集型・受注型)の主任添乗員には旅程管理主任者の資格取得が義務づけられています。

国内のみ添乗できる「国内旅程管理主任者」と国内海外両方に添乗できる「総合旅程管理主任者」の2種類があります。

添乗員資格

  • 国土交通大臣の登録を受けた機関が実施する旅程管理研修の修了者(合格者)であること
  • 一定の添乗実務を経験していること

研修内容

旅行業法、国内添乗実務、海外添乗実務、添乗外国語(英語)

問い合わせ

一般社団法人 日本添乗サービス協会

転職・就職情報

旅行会社に入社して業務の一部として添乗員の仕事をするケースと、添乗員派遣会社から旅行会社へ出向いて仕事をするケースがあります。添乗を専門とするのであれば派遣会社への登録が一般的です。

通訳案内士

外国からの観光客への通訳や観光案内をする通訳ガイドの国家資格です。幅広い知識、教養をベースに日本を紹介することが求められます。対象言語は英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語など10ヵ国です。

通訳案内士の業務独占規制が廃止され、資格を持たない人でも有償で通訳案内業務を行えるなど、通訳案内士制度が大きく変わりましたが、国家試験に合格して、都道府県の登録を受けた人が全国通訳案内士になれます。

受験資格

制限なし

試験日

  • 筆記試験:8月
  • 口述試験:12月

試験内容

  • 筆記試験:①外国語②日本地理③日本歴史④産業、経済、政治および文化に関する一般常識⑤通訳案内の実務
  • 口述試験:通訳案内の実務

合格率

10%程度

問い合わせ

独立行政法人 国際観光振興機構

転職・就職情報

旅行会社、通訳派遣会社などへの転職・就職で有利になります。またフリーランスとして活動する人も多くいます。英語と中国語の受験者が増えています。

通訳案内士試験のテキスト

観光英語検定

旅行・観光業界、ホテル、レストランなどで働くうえで、必要とされる英語能力を問う検定です。

1級レベルは、2~3年以上の旅行業務経験者が対象ですので、旅行・観光業界の転職では1級を目指したいところです。訪日外国人客の増加により、国内向けサービスにおいても観光英語の重要性が増しています。

受験資格

制限なし

試験日

10月(2・3級は6月にも実施)

試験内容

筆記・リスニング

1級は以下の範囲での観光・旅行業に必要な実務英語

  1. 場所(各種受付、誤解と説明、入国審査など)
  2. 状況(苦情と謝罪、要求と情報提供、予約および変更・キャンセルなど)
  3. 文書(ファクシミリ、チケットなど)
  4. 専門知識(航空会社・ホテルなどで使われる略語や専門用語)
  5. その他(世界各国の文化や習慣、国際儀礼)

合格率

  • 1級:5%程度
  • 2級:60%程度
  • 3級:60%程度

問い合わせ

全国語学ビジネス観光教育協会

転職・就職情報

旅行会社やホテル、空港ターミナル、交通機関、レストラン、デパート、商業施設、銀行など活用できる場が広がっています。

観光英語検定の過去問題集(1・2級)

インターネット旅行情報士検定

インターネットの仕組みを理解し、インターネット上の旅行情報を効率的に運用・活用できる知識を判定する資格です。1級と2級が設定されていて、年2回、JTB総合研究所が実施しています。

受験資格

制限なし

試験内容

  • 1級:①ネットワーク管理とセキュリティーなどの知識と問う問題②Webサイトの構築・運用に関する問題③インターネットを使って旅行関連情報の検索能力を問う問題
  • 2級:①インターネットの仕組み・機能、用語に関する基礎知識問題②インターネットを使って旅行関連情報の検索能力を問う問題

合格基準

  • 1級:合計得点70%以上、かつ分野ごとに70%以上の正答率
  • 2級:合計得点75%以上、かつ分野ごとに70%以上の正答率

合格率

  • 1級:5%程度
  • 2級:40%程度

問い合わせ

JTB総合研究所

転職・就職情報

インターネット上の旅行情報を効率的に運用・活用できる知識を証明する資格なので、旅行業界や観光業界での人気はさらに高まるといえます。

TOEIC(R)L&Rテスト

TOEIC(R)L&Rテストは英語で聞く・読む能力を測定するテストです。結果は10~990点のスコアで表示されます。業種・職種を問わず、英語を必要とする仕事で有利になります。

受験資格

制限なし

試験日

年10回

試験内容

  • リスニングセクション:写真描写問題、応答問題、会話問題、説明文問題
  • リーディングセクション:短文穴埋め問題、長文穴埋め問題、1つの文書、複数の文書

スコア

  • 470~730点未満:日常生活のニーズを充足し、限定された範囲内では業務上のコミュニケーションができる
  • 730~860点未満:どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地がある
  • 860点以上:Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる

問い合わせ

一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

転職・就職情報

旅行業界はもちろん、企業のグローバル化が進み、転職・就職、昇格・昇進、海外赴任などあらゆるキャリアステージで活用できます。

TOEICテストの公式問題集

旅行・観光業界で役立つ資格の取得方法

資格取得の勉強法

資格を取得するためには、独学や資格・通信講座で勉強する方法があります。それぞれにメリット、デメリットがありますので、自分の状況やかけられる時間、費用に合わせて選択することになります。

旅行業務取扱管理者は市販の参考書があまり多くはないので、短期間で効率的に資格を取得するのであれば、試験に対応した資格・通信講座を上手に活用することをおすすめします。

おすすめ資格・通信講座

クレアール資格★合格クレアール
バリュープライスで資格試験の合格を目指せる映像講義

国家資格、各種検定など資格のWebスクールです。教育訓練給付対象講座もあります。


LEC東京リーガルマインドLEC学習センター
国家資格の対策講座を全国展開するスクールです。Web通信講座、音声ダウンロード講座、スマートフォン講座など多彩な学習スタイルが用意されています。

LEC社名ロゴ

フォーサイト資格試験の通信教育・通信講座ならフォーサイト
資格取得のためのスクールです。国家資格を中心に難関対策を専門にしているので、合格率も高水準を実現しています。


TOEICテスト対策講座

スタディサプリENGLISHTOEIC(R)L&Rテスト対策コース
2ヵ月で250点アップした人も!移動中、自宅、外出先と時間を見つけてすぐに取り組むことができ、効率的にTOEIC対策ができます。

通常

アルク・通信講座100点アップを目指す!アルクのTOEIC(R) TEST 完全攻略シリーズ
標準学習期間でTOEIC(R)スコアを100点アップすることを目的とした新形式TOEIC(R)対応のコースです。


まとめ

東京五輪開催や外国人観光客の増加を受けて、旅行・観光業界の転職・就職人気は続くことが見込まれます。語学力はもちろんですが、これまで以上に業界の知識や文化の理解が求められるようになっています。資格は戦力になれる能力を証明することに役立ちます。

旅行業務取扱管理者の資格(試験内容・勉強法)
旅行業務取扱管理者は旅行業務に関する即戦力と認められる資格です。旅行・観光業界で有利な旅行業務取扱管理者の資格取得について、試験内容・勉強法(おすすめテキスト・講座)をご紹介します。
観光ガイドの資格(試験内容・取得方法)
観光ガイドの資格には訪日外国人観光客を案内する通訳ガイドと国内外のツアーに同行して旅行の案内をする添乗員があります。観光ガイドの資格を取得する方法をご紹介します。
転職・就職のチャンスを広げるおすすめ資格一覧
20代の転職・就職のチャンスを広げるおすすめ資格の種別・難易度(合格率)・受験資格を一覧でご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました