ITエンジニアの職務経歴書の書き方


ITエンジニアの転職市場は活発で、幅広い職種の求人があります。

エンジニアの職務経歴書であっても、最初に目を通すのは人事ですので、求人企業のニーズを正確に把握し、活かせる経験を中心に伝えることが大切です。

同じ職種であっても領域は広く、求人企業が求めているニーズと合致しないと判断されれば、書類選考を通過できない可能性が高くなります。

ITエンジニアの職務経歴書では、資格などITスキルの客観的評価を示すと同時に、応募企業で活かせる経験・実績を中心にアピールします。

IT未経験者でも基本的な知識やスキルは身につけておくと有利です。

ITエンジニアの職務経歴書の書き方についてご紹介します。

ITエンジニアの職務経歴書(経験者・未経験者)

職務経歴書とは

職務経歴書は履歴書より職務内容を詳細に記載した応募書類です。

実務能力を重視する転職の採用選考では、多くの場合、履歴書と職務経歴書で書類審査が行われます。

一般的に書類審査を通過した人に対してのみ、面接が行われますので、転職の採用選考における職務経歴書の重要度は高いといえます。

職務経歴書の役割

  • 求められている経験やスキルがあることを伝える
  • 未経験や不足しているスキルは勉強中であることを示す
  • 伝えたいことをわかりやすくまとめる
転職するときの職務経歴書の書き方
書類選考に通過する職務経歴書と通過できない職務経歴書は何か違うのでしょうか?書類選考を通過する職務経歴書の基本とチェックポイントについて解説します。

ITエンジニアの職務経歴書の記載内容

応募企業で活かせる経験やスキルを強調して、A4サイズ1~2枚にまとめます。

経験が少ない第二新卒や未経験者であっても、応募職種の適性があることを示すために、技術知識や資格、使用可能言語などを記載して、アピールにつなげます。

①職歴の要約・概要

冒頭に要約を入れておくと、どのような経験があり、何ができるかが伝わりやすくなります。

応募職種に関連する内容を中心に200~300字程度でまとめます。

②会社概要

会社概要や企業規模から経験した業務がイメージしやすくなります。

簡単に業種や事業内容、売上高や従業員数などで、勤務先の企業情報を記載しましょう。

③職務内容

経験した期間、担当業務、担当フェーズ、プロジェクトの規模や立場・役割などを記載します。

プロジェクトリーダーの経験がある場合は、積極的にアピールします。

リーダー補佐などでも経験した業務を記載しましょう。

中途採用では、マネジメント力、コミュニケーション力も重視されますので、何人のメンバーをまとめたかなどを盛り込みます。

④活かせる経験・技術

開発言語や開発環境などを記載します。

社内外の技術研修などで習得したスキルもアピールになります。

未経験者は関連する学歴やIT知識を記載します。

⑤資格・免許

応募企業で活かせる資格や免許を記載します。

ITエンジニアにはITの資格やスキルだけでなく、英語力が求められることもあります。

TOEICのスコアもアピール材料ですので、TOEICテスト対策はしておきましょう。

⑥自己PR

ITエンジニアとして得意分野や強み、職務を通じて習得したこと、応募企業で貢献できることを記載します。

第二新卒や未経験者にとっては、経験をカバーする意欲や姿勢を伝える重要な項目になります。

エンジニアの転職志望動機の作り方と例文
エンジニアの転職では、他の職種以上に業界・企業の方向性を踏まえた志望動機が重視されます。エンジニアの志望動機の作り方を採用担当の視点から解説します。

フォーマット

エンジニアの職務経歴書は、経歴を時系列にまとめる「編年体式」より、職務内容を製品やプロジェクトごとにまとめる「キャリア式」の方が見やすい場合が多いです。

編年体式

経歴を古いものから順に時系列にまとめる書き方です。

基本的な構成は入社、配属、異動などの見出しと見出しに沿った職務内容、実績を記載する形式です。

古い方から書くのが一般的ですが、最新のものから書く形式(逆編年体形式)もあります。

習熟度やレベルアップをアピールしやすいので、同じ業務に携わってきた人に向いています。

キャリア式

時系列ではなく、職務内容ごとに経歴をまとめる書き方です。

プロジェクトや製品別などキャリア(同じ業務)ごとにまとめて記載する形式です。

プロジェクトごとに、業務内容や規模が異なるエンジニアの人に向いています。

  • 年代順にプロジェクト・製品ごとの業務を記載する
  • 職務内容を箇条書きにする
  • 必要に応じて、表を使用する

プログラマーのアピールポイント

プログラマーはWeb系、オープン系、アプリケーション系、制御系など求められている領域での経験が重視されます。

未経験者であっても、開発分野や開発言語の知識や資格をアピールします。

経験者

  • 応募企業で活かせる経験領域とスキルの詳細
  • リーダーやマネジメント経験が有利
  • スケジュール管理やプロジェクト推進力

未経験者

  • 応募する職種やクライアントの業界知識
  • 応募企業で活かせる資格やスキル、技術知識
  • 対人折衝力、コミュニケーション力、チームワーク、語学力

SE(システムエンジニア)のアピールポイント

SEの求人は、基本的に即戦力が求められていますので、応募企業で活かせる実績を中心にアピールします。

未経験者でも資格や業界知識が必要です。

経験者

  • ヒアリング力やコミュニケーション力
  • 応募企業で活かせる専門知識や提案力
  • メンバーや進捗を管理するマネジメント力

未経験者

  • 開発分野やシステムを使った業務経験
  • クライアントの業界知識
  • コミュニケーション力や後輩などの指導経験

インフラエンジニアのアピールポイント

ネットワーク系などインフラエンジニアは資格が重視される職種といえます。

シスコやオラクルなどのベンダー資格は未経験者でも取得しておくと有利です。

経験者

  • 応募企業で活かせる実績や開発環境
  • サーバー・ネットワークに関する知識とハードウェアの最新知識
  • 習得したスキルや資格

未経験者

  • 個人的にでもソフトウェア開発やサイト開設・運営などの経験
  • 応募職種で活かせるベンダー資格
  • 英語力を含むコミュニケーション力

ITエンジニアの書類作成サポート


作成した応募書類に自信が持てなかったり、応募する前に添削してもらいたい、という人も多いのではないでしょうか。

転職エージェントの転職支援サービスを利用すると、書類作成のアドバイスや添削などのサポートを無料で受けることができます。

ITエンジニアの転職に精通したコンサルタントのサポートを受けて、書類選考に有利な応募書類を作成しましょう。

ITエンジニアの転職支援

ITエンジニアに特化した転職エージェントでは、IT業界に精通したコンサルタントが、一人ひとりのニーズにマッチした転職の提案から面接対策までサポートしてくれます。

IT業界の転職では、専門性の高い転職支援サービスを積極的に活用することをおすすめします。

基本的なIT技術を身につけて、転職までサポートする未経験者向けの転職支援サービスもあります。

転職支援サービスのメリット

  • キャリアの可能性を広げるカウンセリング
  • 独自案件・非公開の求人紹介
  • IT技術や動向に精通したコンサルタント
  • 企業ごとの書類作成や面接対策
  • 転職スキルアップのセミナー など

ITエンジニアの転職支援サービス

まとめ

職務経歴書では、担当した製品と業務をただ羅列してもアピールにはなりません。

応募企業で求めている経験やスキルを強調することが、書類選考を通過させる重要なポイントです。

基本的にはチームで業務を行いますので、メンバーとの関係、コミュニケーション力も選考ポイントのひとつです。

IT業界で有利なおすすめ資格
IT業界では資格より経験やスキルが重視さます。それでも20代の就職やキャリアチェンジ、同業他社への転職では実務経験とセットで資格も力を発揮します。
ITコンサルタントに有利なおすすめ資格
経験重視のITエンジニアも資格取得を通じてスキルを磨くことができます。ステップアップにつながるITコンサル系の資格をご紹介します。
同じ職種の転職でキャリアアップする方法
中途採用では経験者、即戦力を求める傾向が強いため、同職種の転職は有利といえます。20代の同職種転職で希望するキャリアを実現するために必要な戦略を解説します。

 

参考:職務経歴書の基本構成


 

職務経歴書

20××年×月×日
氏名○○ ○○

【職務概要】

「キャリア式」で書く場合には、冒頭に簡単な経歴を【職務概要】や【経歴要約】などとしてまとめると、採用担当にも伝わりやすくなります。

【職務内容】

担当した職務やプロジェクト、製品ごとにまとめます。期間、業務内容、開発環境、メンバー、立場などを記載するとわかりやすくなります。

  • 勤務先、勤務期間、所属、職種
  • 経験した業務の詳細・実績
  • 昇格・昇進、リーダー経験など
応募企業に役立つ経験をクローズアップして伝えましょう。具体的に業務をイメージできるように書き方を工夫します。

【習得スキル】

使用していた言語やソフト、開発環境、語学力などを記載します。

  • 開発言語・パソコンスキル
  • 受講研修
  • 語学力など
未経験であれば、語学力やコミュニケーション力も有効なアピールになります。

【資格・免許】

応募職種に活かせる資格や免許を記載します。

勉強中の取得目標資格もアピールになります。

【自己PR】

自分の強みや経験・スキルが応募職種にどのように活かせるかを記載します。経験が浅い第二新卒や未経験者は、積極的や姿勢や意欲を伝えることが大切です。

  • アピールポイント
  • 転職(退職)理由
何ができるか、どう貢献できるかをアピールします。