ボーナス・賞与支給日前の退職で損しないための基礎知識


転職しようと思っているけれど、ボーナスの支給日が近い。
そんなとき退職日の設定はどうすればよいでしょうか?

せっかくのボーナスをもらい損ねないためにも、賞与の支給について、基礎知識を押さえておきましょう。

賞与(ボーナス・一時金)の支給について

賞与とは

賞与とは、毎月定期的に支払われる給与とは別に、一定期間の勤務に対して付加的に支払われる一時金のことです。この一時金のことをボーナス、賞与などと呼んでいます。

最近では企業の業績や社員の実績・貢献度などに応じて算出、支給されることが多くなっています。制度として導入していなくても法律上の問題はありません。就業規則などに定めがない場合、会社にボーナスの支払い義務があるわけではありません。

賞与の支給

賞与を支給する場合は、就業規則や労働協約で決定方法や支給基準を定める必要があります。賞与には賃金の後払いという性格もありますが、同時に功労報奨や将来の貢献への期待といった性格もあるといわれています。

賞与の受給資格(支給日在籍要件)

賞与の支給対象者を就業規則において「支給日に在籍する者」に限定している企業が多くあります。この場合、支給日の在籍が支給条件になっていると考えられ、支給日の前日でも退職してしまえば、賞与を受け取ることができない可能性が高くなります。

支給日在籍要件についての記載がなければ、支給日に在籍していることが支給条件にはなっておらず、支給対象期間内の在籍日数に応じた賞与の支給を受けることができると考えられます。

そこで、退職日を決定するには、前もって就業規則を確認しておくことがとても重要になります。退職してしまってから、賞与を受給できないことがわかっても手遅れということになります。

年俸制の場合

年俸の総額を分割して毎月支払う年俸制では、その一部が賞与として支払われる場合、支給対象期間内の在籍日数に応じた賞与の支給を受けることができます。

この場合、賞与の支給日前に退職した場合であっても、支給を受けることができると考えられます。

支給条件

賃金のように支給額が決められているのではなく、支給額や日数、支給期日などを労使間で自由に決められるものが賞与とされています。

勤務した日数に応じて支払うこともできますし、一定の条件の場合に減額するということを定めることも可能なのです。

賞与と不利益取扱い

賞与の金額を算定するにあたり、欠勤控除を行うかどうかは、支給条件の定め方によります。賞与支給の要件として、一定以上の出勤率を要求する取り扱いも可能となります。

年次有給休暇

年次有給休暇を取得した日を欠勤または欠勤扱いとすることなど、労働基準法で認められている労働者の権利について、不利益な取り扱いをすることはできません。

退職前の有給休暇消化で損しないための基礎知識
退職するにあたって、残っている有給休暇を取得できるかどうかは誰でも気になるポイントです。退職前に有給休暇を上手に取得・消化するための方法とは?

出勤率の算定

出勤率の算定にあたって、産前産後休業の日数分や短時間勤務の短縮時間分を欠勤として扱うことは、合理的な範囲にとどまる限り、許容されています。

賞与と解雇

普通解雇は本人の意思に反した退職となりますので、支給日直前の解雇などで賞与の請求権を剥奪することはできないと考えられ、支給対象期間内の在籍日数に応じた賞与の支給を受けることができるといえます。

懲戒解雇については、会社側に解雇の必要性があり、有効なものであれば、支給日の在籍要件により、賞与の支給を受けられない可能性があります。

普通解雇

  • 内容:何からの理由による労働契約の打ち切り
  • 賞与:支給対象期間内の在籍日数に応じた賞与の支給を受けられる

懲戒解雇

  • 内容:就業規則などに定められた「懲戒解雇」に該当する行為に対する制裁
  • 賞与:就業規則の規定によっては賞与の支給がカットされる場合もある
解雇の種類(普通解雇・整理解雇・懲戒解雇)
大企業でも経営破綻する時代。20代でも解雇は無関係ではありません。解雇で泣き寝入りしないために解雇の基礎知識をご紹介します。
懲戒処分と解雇予告手当・退職金
自分は懲戒とは無縁だと感じても、ちょっとした認識の甘さが懲戒処分につながることもあります。懲戒について最低限の基礎知識はもっておきましょう。

まとめ

普段から就業規則を意識して働いている人はほとんどいないでしょうが、退職日を決める前にはもちろん、転職活動をする前に就業規則を確認しておきましょう。

転職活動のタイミングによっては、賞与支給日に在籍できそうにないというようなことが起こります。採用面接で「ボーナスは大丈夫ですか?」と質問されることが実際にあります。そんなときに速やかに回答できるよう、自分の優先順位を決めておくことも大切なのです。

月末と月末前日退職日のお得情報
退職日をその月の最終日(月末)とその前日(月末前日)のどちらにするか、1日で差が出る手続きについて自分はどちらが得なのか確認しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました