退職願

キーワード解説

黒板と虫眼鏡

退職願とは

退職願とは、退職の意思表示として提出する文書のことです。

退職の意思表示は口頭でも行うことができますが、多くの場合、退職願等(退職届、辞表、辞職願)を提出することが一般的になっています。

提出する文書を退職願とするのか、退職届とするかについては、必ずしも厳密ではありませんが、「退職願」は「退職の意思を願い出る」という合意解約の申し込みに、「退職届」は「退職の意思を届け出る」という辞職・任意退職の通告に対応していると考えられています。

両者の違いは、一度表明した退職の意思を撤回できるかどうかという点です。

退職願を提出した場合は、会社が受理して承諾したという通知が本人に到達するまで撤回が可能です。

退職届の場合は、会社に提出することによって効力が発生しますので、会社の同意なく原則として撤回は認められません。

就業規則などの規定により退職の意思表示の方法が決められている場合には、その社内ルールに従います。

会社によっては、退職の意思表示に提出する文書の書式が決まっています。

その場合は、所定の書式を使って退職願や退職届を作成します。

期間の定めのない労働契約の場合

期間の定めのない労働契約の場合は、退職を希望する日の2週間前に退職(辞職)の通告をすれば退職することができます。

就業規則に「1ヵ月前に退職願を提出すること」などの記載がある場合は、円満に退職するためにも規則通りに手続きを進めるのがよいでしょう。

合意解約(依願退職)を認めてもらえない場合でも、退職(辞職)を通告すれば、退職という強硬手段をとることはできます。

期間が定められた労働契約の場合

契約社員など有期労働契約の場合は、「やむを得ない事由」がある場合に限り、「直ちに」契約を解除することができることになっています。

「やむを得ない事由」とは、家庭の事情の急変や何ヵ月も賃金不払いが続いているなど、契約期間満了まで待つことができないような緊急かつ重大な理由を指しています。

※退職の手続きについては、就業規則に定められている内容を確認して、スムーズに進めるようにしましょう。

退職代行

退職したくても、なかなか上司に言い出せなかったり、引き留められるストレスから、本人に代わって退職の意思を会社に伝える退職代行サービスを利用する人も増えています。

退職勧奨

会社から退職勧奨を受けて、退職願や退職届を提出すると、解雇ではなく、合意して労働契約を解消したことになります。

退職勧奨は、納得できなければ応じる義務はありませんし、解雇は該当する理由がなければ行うことができません。

会社から退職を求められた場合、退職勧奨なのか解雇通告なのか、はっきりさせてから意思表示をすることが大切です。

退職(自己都合)と解雇(会社都合)では、退職金や失業保険(基本手当)の条件が異なります。

退職の意思表示の無効・取り消し

心裡留保錯誤などによる退職の意思表示は無効となり、強迫による意思表示は取り消すことができます。

  • 心裡留保
    退職する気がないのに会社の要請で退職の意思表示をした場合など
  • 錯誤
    会社や上司に騙されて退職の意思表示をした場合など
  • 強迫
    会社や上司に脅されて退職の意思表示をした場合など
退職意思を円満に伝える方法
会社に退職意思を伝えるのはプレッシャーやストレスに感じる人も多い局面ですが転職活動では避けては通れない道。円満な退職意思の伝え方を知っておきましょう。
20代におすすめ労働組合が運営する退職代行
退職代行は本人に代わって、会社や上司に退職の意思を伝えることです。20代には低費用で合法的に代理交渉まで行うことができる労働組合の退職代行をおすすめします。
退職理由で損しない自己都合と会社都合
自分から辞めたつもりはないのに「自己都合退職?」離職票の退職理由は権利に関わる問題です。不利益を受けたいために、自己都合と会社都合、基本的な知識は押さえておきましょう。
月末退職と月末前日退職の基礎知識
退職日をその月の最終日(月末)とその前日(月末前日)のどちらにするか、1日で差が出る手続きについて自分はどちらが得なのか確認しましょう。
はじめての転職活動の進め方
転職活動はいつ始めるのか?どのくらいの期間がかかるのか?在職中と退職してからの活動の違いは?はじめての転職活動について標準的な進め方をご紹介します。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
退職の意思表示は口頭でもできるが、文書(退職願、退職届、辞表、辞職願等)を提出するのが一般的