退職勧奨

キーワード解説

黒板と虫眼鏡

退職勧奨とは

退職勧奨とは、会社が従業員に対して、強制ではない退職の働きかけを行うことです。

退職勧奨は、会社が労働契約の合意解約を申し入れることであり、従業員が解約に応じたときには、労働契約が終了します。

解雇は、従業員の意思に関係なく、会社側から一方的に労働契約を終了させることですが、退職勧奨は、会社から従業員に退職を働きかけ、合意により労働契約を終了させるということになります。

社員本人が退職勧奨に応じて退職する場合は合意退職となりますが、社員には退職勧奨に応じなければならない義務はありません。

仮に退職勧奨に応じたとしても、その合意が強迫錯誤によってなされたものである場合、退職は無効となります。

合意退職は、解雇と異なり、本人が退職することに合意しているので、解雇予告や解雇予告手当の支払いがありません。

整理解雇を回避するために希望退職者を募集する場合も、従業員が自分の意思で退職を申し込みますので、合意退職となり、解雇予告の必要や不当解雇の問題は原則発生しないことになります。

退職勧奨と退職強要

退職勧奨を拒否する姿勢が明確であるにもかかわらず、繰り返し退職勧奨が行われるなど、社会通念上、許容される限度を超えた退職勧奨は、退職勧奨の域を超え、退職強要として違法となります。

心理的な圧迫を加えたり、執拗に退職を迫ったりする行為は、退職強要となりますが、その行為の有無について争いになることが少なくありません。

退職強要があった場合、いつ・どこで・誰から・どのような強要を受けたかを記録に残しておくことが大切です。

個人での解決が難しい場合、労働組合や都道府県・労働局に相談することもできます。

心理的負担を強いる退職勧奨でうつ病などを発症した場合、労災認定されるケースが増えています。

退職勧奨の優遇措置

退職する意思がないのに、退職勧奨に応じる義務はありませんが、退職勧奨では何らかの優遇措置が設けられるケースがあります。

条件によっては応じることも選択肢となるかもしれません。

退職勧奨の離職票

退職勧奨による退職では、雇用保険の「特定受給資格者」として基本手当の優遇を受けることができます。

しかし、離職票退職理由には自己都合と記載されているケースが少なくありません。

自己都合退職では、優遇措置は受けられませんので、離職票に記載される内容には注意が必要です。

退職勧奨と解雇

実際には、退職勧奨に応じようとしない従業員に対して、退職勧奨が繰り返されることがあります。

従業員の自由な意思形成を促す行為として許容される限度を逸脱するような退職勧奨は認められませんので、従業員が退職勧奨に応じない場合、労働契約を終了する方法は解雇しかないということになります。

解雇が認められるのは、就業規則雇用契約書に解雇についての規定があり、解雇の事由に該当する場合のみです。

解雇が認められる場合であっても、解雇予告が必要となります。

退職勧奨と解雇の違い

内容退職勧奨解雇
解雇予告または
解雇予告手当
必要なし30日前までに予告するか、解雇予告手当の支払いが必要
不当解雇原則として不当解雇にはならない不当解雇となる可能性がある
退職の届出本人が退職の書類を提出する会社が解雇通知を出す
雇用保険の基本手当特定受給資格者となる特定受給資格者となる
退職理由で損しない自己都合と会社都合
自分から辞めたつもりはないのに「自己都合退職?」離職票の退職理由は権利に関わる問題です。不利益を受けたいために、自己都合と会社都合、基本的な知識は押さえておきましょう。
希望退職・早期退職に応じるか応じないかの判断
希望退職や早期退職を20代でも自分のキャリアで活用できるかどうか判断するための情報は必要です。希望退職・早期退職についての基礎知識をご紹介します。
合法で低費用のおすすめ退職代行
退職代行は、本人に代わって、会社や上司に退職の意思を伝えることです。20代には、低費用で合法的に代理交渉まで行うことができる労働組合の退職代行をおすすめします。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。
  • 退職勧奨に応じなければならない義務はない
  • 限度を超えた退職勧奨は、退職強要として違法となる