会社都合(退職)

キーワード解説

会社都合(退職)とは

会社都合(退職)とは、会社側の事情で従業員との労働契約を終了することです。

従業員側から意思表示をして、労働契約を解約するのは「自己都合退職」になります。

会社都合(退職)には、会社の倒産や経営不振などを理由とした人員整理による解雇と、従業員側に事由のある解雇があります。

解雇は原則として会社都合になります。

普通解雇

解雇のうち懲戒解雇以外のものが普通解雇です。

従業員の個別的事由に基づいて行われます。

また経営不振やリストラ、倒産などによる経営上の事由に基づく整理解雇も普通解雇に含まれます。

懲戒解雇

会社に重大な損害を与えるなど、会社の規律や秩序に反した従業員に対して懲戒処分として行われる解雇です。

懲戒解雇は懲戒処分のなかで最も重い処分です。

懲戒解雇の場合、就業規則で退職金の全部または一部を不支給とする規定があるのが一般的です。

離職票の記載

退職理由は、退職したあとに交付される雇用保険被保険者離職票に記載されます。

「会社都合(退職)」か「自己都合退職」かによって、雇用保険基本手当(失業給付)に影響を及ぼします。

離職票に記載されている退職理由に不服があれば、会社に離職票の書き直しを要求することができます。

会社が訂正に応じず、主張が異なる場合には、ハローワークで事情を説明しましょう。

雇用保険の基本手当

雇用保険の基本手当は退職する理由によって給付内容が違ってきます。

会社都合(退職)になるのは、倒産や解雇、退職勧奨などのほか、長時間労働や賃金の不払いパワハラセクハラなど会社の都合で離職せざるを得ない場合です。

会社都合(退職)の方が、一般の自己都合退職より基本手当の支給開始日や支給日数の面で、優遇されています。(本人の責めによる懲戒解雇は除外)

特定受給資格者

会社の都合で離職せざるを得なかった人は特定受給資格者として、給付内容が優遇されます。

  • 倒産、人員整理、事業所の廃止など
  • 懲戒解雇以外の解雇
  • 賃金の不払い
  • 賃金の大幅な低下
  • 長時間労働
  • 職場のハラスメント
  • 退職勧奨
  • 妊娠、出産、介護などを理由とした不利益な取扱い
  • 有期雇用契約雇い止め など

特定理由離職者

正当な理由があって自己都合退職した人は特定理由離職者として、特定受給資格者に準じた給付を受けることができます。

  • 有期雇用契約の期間満了による退職
  • 家庭の事情の急激な変化などによる退職
  • 整理解雇 など

退職金

「自己都合退職」では「会社都合(退職)」より退職金の支給額が低く設定されるケースが多くなっています。

また「会社都合(退職)」で退職金の加算があったり、「自己都合退職」で減額される場合もあります。

賞与・一時金(ボーナス)

一般的に賞与・一時金は支給日に在籍していることを支給要件にしていますので、「自己都合退職」であれば支給されない可能性が高くなります。

懲戒以外の「会社都合(退職)」では、在籍期間分を按分して支給するケースが多くなっています。

転職活動

会社の経営不振などによる「会社都合(退職)」は、退職理由としてマイナスにはなりません。

「自己都合退職」であれば、マイナスの印象を与えないよう前向きな理由が必要となります。

退職時の証明書

退職する際に、従業員が使用期間、業務の種類、その事業における地位、賃金または退職の事由について証明書を請求した場合においては、会社は遅滞なく交付しなければならないことになっています。

退職の事由とは、自己都合退職、退職勧奨、解雇、定年退職など従業員の身分を失った事由を示すものです。

解雇の理由については、具体的に示す必要があります。

解雇されたらどうすればいい?泣き寝入りしないために
大企業でも経営破綻する時代。20代でも解雇は無関係ではありません。解雇通告されて泣き寝入りしないためにも解雇の種類と対応について知っておきましょう。
離職票の退職理由で損しないために
離職票の退職理由で失業手当の金額や支給日数が決まります。不利益を受けないためにも、自己都合退職と会社都合(退職)について基本的な知識は押さえておきましょう。
ハローワークを転職で上手に使うには
ハローワークでは様々なメニューで若者の就職・転職支援を強化しています。ハローワークを上手に使って仕事を探す方法をご紹介します。
転職・就職に役立つ用語集
転職・就職活動ではさまざまな専門用語や人事用語が登場します。20代・第二新卒の転職・就職に役立つ用語を集めて解説しています。必要な情報を転職・就職活動にお役立てください。

 

雇用保険の基本手当は離職票の退職理由で給付内容が変わってくる